1. TOP
  2. 色落ち
  3. デニムシャツ
  4. Kapital(キャピタル)のデニムシャツの色落ちサンプル

Kapital(キャピタル)のデニムシャツの色落ちサンプル

Kapital(キャピタル)デニムシャツの色落ちサンプルです。

ダメージ加工のデニムシャツの形が気に入り、未加工のデニムシャツも購入しました。これは5年ぐらい前のものです。一時期、Kapital(キャピタル)のジーンズ、デニムシャツ、Gジャンと全身デニムを着ていました。デニム屋の店員でもそこまでデニムを着ていないというぐらいデニムを着ていました。色落ちはそこそこしたのですが、デニムシャツは襟や袖のダメージが大きく、リペアも難しいのでこれ以上色落ちさせるのは困難かなと感じました。(それでも数年は着ています。)Kapital(キャピタル)に持っていったのですが、リペアは可能なようですが、難しいとのことでリペアをせず、同じ型のデニムシャツを購入しました。古い形でもう製造されていないと聞いたので、取り寄せも含め、2着まとめ買いしました。

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 正面

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 正面

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - バック

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – バック

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 正面アップ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 正面アップ

襟、袖のダメージは深刻です。遠目で見るとそこまで気になりませんが、袖部分のダメージはどうやってリペアするのといった感じです。上から生地を縫うしかないですかね?背中のダメージはリペア可能と思います。

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 襟のダメージ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 襟のダメージ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 袖のダメージ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 袖のダメージ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - ダメージ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – ダメージ

ブランドタグの文字は赤色です。また、製造元のタグもついています。児島工場!素晴らしいです。デニムバスが走っており、生地を織っているお店があったり、デニム好きには最高の町です。また、オーダーでジーンズを作ってくれるところもあります。

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - ブランドタグ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – ブランドタグ

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 製造

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 製造

リペアが困難だったので、追加で2着まとめ買いしました。ピスネームなどの位置が異なりますが、型は同じだと思います。この形は本当に好きで、他の生地でも作って欲しいぐらいです。着丈が短く、タイト過ぎず着心地もいいです。タイトなシャツは基本窮屈ですが、このシャツは窮屈感はないです。

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 追加購入分

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 追加購入分

ちなみにこのデニムシャツの型は4点持っています。加工1つに未加工4つ。さすがに、ダメージ加工の色に比べてだいぶ色が残っています。それでも、購入時からはかなり色落ちしています。ダメージ加工の色を目指し、1着は洗い頻度を上げてみようかとも考えています。

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ - 4点

Kapital(キャピタル)のデニムシャツ – 4点