1. TOP
  2. 色落ち
  3. ジーンズ
  4. 10ヶ月穿いたA.P.C.(アーペーセー)の「NEW STANDARD JEAN CLASSIQUE」の色落ち

10ヶ月穿いたA.P.C.(アーペーセー)の「NEW STANDARD JEAN CLASSIQUE」の色落ち

今回は10ヶ月間、週1〜2回のペースで穿いたA.P.C.(アーペーセー)の「NEW STANDARD JEAN CLASSIQUE」を初めて洗ったので、色落ちサンプルを紹介します。

週に1〜2回しか穿けなかったので、もう少し穿いてから洗おうと思ったのですが、以下の考えで洗ってしまいました。

  • ワンサイズ分ぐらい伸び、シルエットがかなりルーズな感じになったので、伸びた分をもとに戻したい
  • 洗うことで繊維の伸びを戻し、汚れを落とすことでダメージの蓄積を軽減したい

 

洗う前の色落ち

全体的にノリが残っており、まだまだ、パリッとした状態です。リジッド(生)の状態で穿いていたので、全体的にいい感じです。ただ、思った以上に伸びました。購入時はジャストサイズでしたが、ワンサイズ分ぐらい伸びました。普通に腰パンで穿けるようになり、ベルトをしないとそのまま脱げてしまうぐらいです。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前の正面全体

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗い前の正面全体

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前のバック全体

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗い前のバック全体

リジッド(生)の状態から穿いていたので、ヒゲ、膝、蜂の巣には綺麗なシワがよっています。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前のヒゲ

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗い前のヒゲ

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前の膝

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗い前の膝

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前の蜂の巣

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗い前の蜂の巣

丈は短め(踝丈)で穿いていたのですが、裾にもシワがよっています。これは穿いているうちに伸び、腰パンになってしまったからです。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前の裾

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗い前の裾


A.P.C.(アーペーセー)のジーンズはこちら

洗った後の色落ち

洗ってもそこまでシワは寄りませんでした。洗濯終了直後に干したこともありますが、もっと洗濯によるシワが寄るかと思ったですが、まだまだ、はりが残っています。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後の正面全体裏側

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後の正面全体裏側

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗い前の正面全体

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後のバック全体裏側

洗った後は、特に膝の部分の色落ちが激しいです。

APC_03_wash_10

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後の正面全体

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後のバック全体

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後のバック全体

アップで見ると。ヒゲも綺麗に色落ちしています。今後も色落ちが楽しみです。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後のヒゲ

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後のヒゲ

以外に膝の部分の色落ちが綺麗についています。スリムのタイプは膝や蜂の巣の色落ちが綺麗ですが、ストレートのタイプなので、思った以上に綺麗に色落ちしてくれまいた。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後の膝

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後の膝

蜂の巣も綺麗に色落ちしています。リジッド(生)はシワが付きやすいので蜂の巣は綺麗に色落ちします。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後の蜂の巣

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後の蜂の巣

裾はチェーンステッチで直したので、こちらも綺麗に色落ちしています。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後の裾

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後の裾

また、表地をみるとダメージはそこまで分かりませんが、裏を見ると結構ダメージを受けています。これは穿くことで伸び、余裕が生まれた上にリジッド(生)で張りがあるため、この部分がダメージを受けたと思います。これは、洗いで繊維の伸びが戻るとダメージが抑えられると思っています。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後のお尻

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後のお尻

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 洗った後のお尻(裏側)

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 洗った後のお尻(裏側)

また、洗った裾と丈直し(洗っていない状態)を比較するとかなり縮んでいます。横より縦の縮みが大きいと聞いていたのですが、横も結構縮んでいます。

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ - 丈直しの比較

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズ – 丈直しの比較

洗った感想

洗った感想は2つです。

まず、思った以上に繊維が伸びていたことです。購入時はジャストでしたが、最近はかなりゆとりがありました。特にベルトをしないとボタンを外さず脱ぐことが可能でした。そのため、普通に穿きたかったのですが、腰パンで穿くことになりました。これが元に戻りました。縮んだというより、伸びた分が元に戻ったというのが感想です。ジーンズは洗わないとダメージが蓄積されるといいますが、その通りだと思います。ここまで、伸びた状態でテンションが加わるとデニム地自体が破れてくるのは当然と思います。

次に思ったのはかなり柔らかくなったということです。これは、洗剤入りのぬるま湯につけ置きしたのもありますが、かなり柔らかくなりました。普通、ジーンズは洗った直後は伸びた生地が元に戻り、硬く(引き締まる)なります。しかし、まったく逆で、非常に柔らかくなったと感じました。リジッド(生)はかなり固いなと改めて感じました。(筆者はリジッド(生)の硬さ気になりませんが)まあ、もともと日本で最初にリジッド(生)のジーンズが販売された時、ゴワゴワで穿けないと言われ、売れませんでした。そこで、糊を落とし、柔らかくして売るために洗いという加工が日本で発達しました。歴史を振り返ると、ニーズも多様化しているなとも感じます。

洗い後の初穿き

洗い後の初穿き

A.P.C.(アーペーセー)のジーンズはこちら