1. TOP
  2. 色落ち方法
  3. 洗濯
  4. 自宅でのジーンズの洗い方の紹介

自宅でのジーンズの洗い方の紹介

今回はジーンズの洗い方を紹介します。筆者はジーンズを以下の手順で洗います。

  1. バケツにぬるま湯と洗剤を入れる
  2. ジーンズを15分ぐらいつけておく
  3. 洗濯機でソフトモードで水洗い
  4. 浴室乾燥で干す

1.バケツにぬるま湯と洗剤を入れる

洗剤はエマールです。ジーンズ用の洗剤のがいいと思いますが、蛍光剤が入っていなく、中性のエマールでもいいと思います。もともとジーンズは作業着なので、そこまで神経質にならなくていいかなと思っています。昔は普通に洗濯機で洗ってました。

エマール

エマール

バケツにぬるま湯を入れ、エマールを少量入れます。お湯の温度は25度ぐらいです。40度のお湯に水を入れ温度を下げました。あまり温度が高いと色落ちが激しくなります。ただ、皮脂などの汚れを落とすため、ぬるま湯の方が良いと思います。また、個人的なイメージですが、洗剤が多いと全体的に色落ちしてしましそうなので、洗剤は少量にしています。

バケツにエマールを入れる

バケツにエマールを入れる

エマールを入れたと濃さが均一になるようにします。ジーンズの特定の箇所に洗剤がつくとその部分だけ、色落ちが激しくなる可能性があります。

洗剤を均一にする

洗剤を均一にする

2.ジーンズを15分ぐらいつけておく

ジーンズをバケツに入れ、15分ぐらいつけておきます。

ジーンズをバケツに入れる

ジーンズをバケツに入れる

ジーンズは全体が浸かるようにします。

ジーンズは全体が浸かるようにする

ジーンズは全体が浸かるようにする

15分程度、バケツにジーンズを入れておくと、水は緑がかった色になります。インディゴは青なので、汚れも混ざっています。この水を見ると適度に洗った方がいいなと思います。ずっと洗わないでおくと黒っぽい色になります。

ジーンズを15分程度バケツに入れた後の水

ジーンズを15分程度バケツに入れた後の水

3.洗濯機でソフトモードで水洗い

バケツに入れておいたジーンズをそのまま、洗濯機に移し、ソフトモードで洗います。エマールを入れておいたので、洗濯機には洗剤を入れず、水洗いです。バケツに15分入れておいたので、すすぎだけでも良いかもしれませんが、汚れを落とすために、洗いも実施しました。

洗濯機で水洗い

洗濯機で水洗い

4.浴室乾燥で干す

洗濯が終わったら、浴室乾燥で干します。干す時のコツは、洗濯終了後、すぐに干すことです。洗濯終了後、濡れた状態で放置すると変なシワがついてしまいます。できるだけ、早く干すようにしてください。干す時はシワを伸ばしてから干してください。また、ハンガーなども色々ありますが、個人的には洗濯後すぐに干せば、普通のハンガーでいいと思います。浴室乾燥を使えば、3時間ぐらいで乾きます。浴室乾燥がない場合、風通しの良いところで日陰干ししてください。その際は、生乾きには注意してください。逆に菌などが発生します。外で日光にあてて干したいところですが、折りじわ部分だけが色落ちする可能性があるので、室内で干した方がいいと思います。たまに、折りじわ部分が色落ちしているジーンズがありますが、あれは日光が長時間当たることでなるケースが多いです。

浴室乾燥でジーンズを干す

浴室乾燥でジーンズを干す

最後に

メリハリのある色落ちを目指す場合、洗いの頻度は少なくした方がいいですが、洗わないとジーンズにダメージが蓄積されます。特に、繊維が伸び、皮脂など汚れがついた状態で穿いていると、ジーンズが破れてきます。また、リペアをすると、その部分が膨らんだり、シルエットが崩れる可能性もあります。リペアを少なくしたい人は適度にジーンズを洗うことをお勧めします。